キャッシュレス体験!クレジットカードでお得生活

クレジットカードが使える場所 国際ブランドとは?

クレジットカードは様々な企業から提供されており、カード会社やカードのグレードによってサービス内容も異なりますが、使える場所はカードごとに異なるのではなく、国際ブランドによって統一されています。

クレジットカードが支払い可能としている機能は国際ブランドによって提供されており、各カード会社は国際ブランドと提携しています。自分のクレジットカードがどの国際ブランドなのかの判断は、カードに印刷された「マスターカード」、や「ビザ」などのマークによって判断できます。

国際ブランドの種類

国際ブランドは世界中で7社存在し、その支払いシステムはデビットカードや一部のプリペイドカードにも提供されています。
その種類は、ほとんどの方が耳にしたことが有るであろう「マスターカード」や「VISA」の他に、「JCB」、「アメリカンエキスプレス(通称アメックス)」、ダイナースクラブ、ディスカバー、銀聯(ぎんれん)が挙げられます。

ちなみにクレジットカードは国際ブランドと各カード会社が提携し成り立っていますが、各国際ブランドも自社でカードを発行している場合もあります。一般的に国際ブランド以外が発行しているクレジットカードは「提携カード」と呼ばれており、カード会社独自の特典を付帯して発行しています。

国際ブランドによっても特徴がありますが、JCBのは日本発のクレジットカードであり、主にアジア圏で加盟店を増やしているため、アジア圏の海外で利用を検討されている方はJCBと提携しているクレジットカードがおすすめです。

マスターカードやVISAも一度は聞いたことがあるかと思いますが、両社合わせクレジットカードのシェアは世界中で8割を占めており、2大ブランドとも言われています。そのため、どの国でも加盟店を多く持つため、マスターカードかVISAのマークの入ったクレジットカードを持っていれば、ほとんどの場合利用できるでしょう。

アメリカンエキスプレスは、特典の豊富さがウリであり、発行時の審査の基準が高いと言われています。

ダイナーズクラブはゴールドカード以下のグレードのカードを発行しておらず、非常に高い審査基準を設けています。そのため、富豪層の会員が多いクレジットカードと言われています。

ディスカバーはアメリカを中心に加盟店を増やしており、日本国内での発行は行っていません。

銀聯(ぎんれん)は中国発の国際ブランドで、中国人に人気の観光スポットで広く加盟店を増やしており、日本国内でも銀聯(ぎんれん)のクレジットカードの発行が行われています。

クレジットカードが使える場所

クレジットカードはカード会社によって提携している国際ブランドが異なり、全ての国際ブランドと提携しているクレジットカードはありません。ほとんどが1社ですが、たまに複数の国際ブランドと提携しており、発行時にどの国際ブランドにするのか選択できる場合もあります。

発行後に手持ちのクレジットカードがどの国際ブランドと提携しているのか確認する方法は、カードに印刷されたマークによって判断でき、そのマークの国際ブランドの加盟店のみで支払いが可能となっています。

各加盟店で利用する際には、各お店のウェブサイトやレジ付近に国際ブランドのマークを置いている場合があるため、それを確認するか、お店の人に「JCBのカードは使えますか?」などと直接聞くことで判断できます。

賢いクレジットカードの比較方法
クレジットカードはなにがおすすめ?その人に合ったクレジットカードはなんなのか、比較検討の方法をまとめている。

ポイントでお得なクレジットカードを比較
クレジットカード比較
キャッシュレス決済ならクレジットカード!
UCSドラゴンズカードでお得生活。キャッシュレスならクレジットカードがオススメ
クレジットカードで安心の海外旅行ができる!

TOP